22)なぜ肌のたるみやほうれい線がでてくるのか?

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=zpAinxzDIpQ

歳を重ねると肌がたるんできたり、ほうれい線がでてきたりして鏡を見ると歳をとったなと思うことはありませんか?

なぜ、歳を重ねるとこのようなことが起きるのでしょうか?

若い頃はこんなことなかったのに。。。

肌は17歳から老化を始めます。

人間の体というのは、タンパク質でできています。

体は60兆個の細胞で出来ており、その中には遺伝子が入っています。

遺伝子は、体を作るの説明書の役割をしており、遺伝子によってタンパク質が作られます。

遺伝子がタンパク質を作り出すことを発現すると言います。

肌だと、遺伝子がコラーゲンやエラスチンというタンパク質を発現しています。

コラーゲンは、肌にハリを与えるタンパク質です。

エラスチンは、肌を持ち上げるタンパク質です。

若い頃は、しっかりとコラーゲンやエラスチンというタンパク質が発現されていますが、歳を重ねると遺伝子情報が破壊されタンパク質が発現されなくなります。

コラーゲンが発現しなくなると肌のハリがなくなり、エラスチンが発現しなくなると肌がたるんでしまいます。

肌に必要なタンパク質が発現されなくなってしまうのです。

逆に、肌に必要でないメラニンというタンパク質が発現してしまいます。

すると、肌が黒ずんだり、シミが出来たりするのです。

つまり、発現されなくなってしまったコラーゲンなどの肌に必要なタンパク質を外と内から補ってあげることが必要になります。

歳をとっても肌が若々しい人は、正しいスキンケアをしていることで必要なタンパク質が発現され続けているのです。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*