26)ガン・生活習慣病を防ぐ生き方

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=RiDYfSMHURM

高齢になると心配になってくるのが、ガンです。

私たちの体は60兆個の細胞で出来ています。

それぞれの細胞では、ミトコンドリアエネルギー(ATP)を作り出しています。

息を吸った時に酸素を取り入れ、栄養分を燃焼させてエネルギーに変換する場所が各細胞のミトコンドリアです。

ガン細胞にもミトコンドリアが存在しています。

しかし、ミトコンドリアの数は正常な細胞の5分の1ほどです。

ガン細胞は酸素を燃焼させて得るエネルギーを使って生き延びていません。

私たちの体の細胞には、酸素の燃焼以外にももうひとつ糖分を分解してエネルギーを生み出す回路があります。

ガン細胞はこの回路を使って生き延びています。

そのため、ガン細胞は酸素ではなく糖分を必要とします。

「ガン患者はあまり糖分を摂らない方がいい」と言われる根拠がここにあります。

さらにガン細胞が増殖するときは、血行が悪いときです。

ガン末期になると酸素も取り入れられないためにエネルギーが生産できなくなります。

栄養もなくなってやせ細り、血行が行き届かないため皮膚が黒くなります。

ガン細胞は増殖し全身に転移し死んでいきます。

手術や抗がん剤治療のあとは、血行が滞りガン細胞が一番増えやすくなります。

ガンにならないようにするためには、ガン細胞が増えにくい血行のよい体内環境を作ることが重要です。

血行を良くするためには、体を温めることが重要です。

ですので、温泉療養が適切とされています。

二泊三日程度の温泉旅行でも十分効果が期待できます。

自宅でその効果を得るには、週二回ほど42℃と高めの湯に10分くらい浸かっても効果的です。

入浴前には、必ず水分補給をしてください。

ガン・生活習慣病を防ぐためには、日頃から体を温めることが大切です!

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*