ためしてガッテン流健康法  老化を防ぐ食生活  サーチュイン遺伝子とミトコンドリア

Pocket

身体を老化させる一番の要因は糖です。身体が糖化することによって様々な弊害が生じ老化が加速します。

30パーセント減らした食事を3〜7週間続けると、長寿の元であるサーチュイン遺伝子が活性化します。

このサーチュイン遺伝子は、空腹感のある時間により活性化され、細胞中のミトコンドリアを増やしてエネルギー効率を高めます。

空腹時にはサーチュイン遺伝子が活性化しているものと考えて、空腹でも間食は控えることが大切です。

サーチュイン遺伝子には抗がん作用があります。これは活性酸素の発生を抑えて免疫力を高める作用があるからです。

ミトコンドリアは急激な運動で活性酸素を発生させるので、ゆっくり食事を行うことと、運動は散歩程度にとどめることが理想です。

「腹八分は長生きのもと」という昔からの言い伝えは正しかったのです。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*