19)血流がいい人は疲れない!太らない!

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=T9wQgY0r8vE

体の各組織に糖や酸素を運んだり、乳酸を押し出したりするのはともに血液の働きです。

血流のいい人は疲れにくく、疲れがでても比較的早い時間で疲れが回復することになります。

逆に血流が悪い人は、疲れやすく、疲れが取れにくいと言えます。

血流は、エネルギー代謝を支え、疲れをためないために、非常に重要な役割を果たしています。

血流はまた、体温を保つうえでも非常に重要です。

ほとんどすべての代謝は、酵素という触媒が関わって行われており、この酵素の度合いを決めるのが体温です。

人間の体の中で、酵素の働きが最大になるのは、体温が37.2℃の時です。

微熱があるように思いますが、これは内蔵などの体の内部の温度(深部体温)です。

わきの下で体温を測ると36.2〜36.5℃です。

このように血流が代謝を支え、体温を保ちます。

体温と血流によって代謝が滞りなく行われていれば、疲れにくくなり、疲れをためない体質になります。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*