18)更年期障害を撃退するためには?

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=igGsUYor1n4

40代の女性が気をつけてほしい『更年期障害』は、疲れから来ています。

個人差はありますが、40代半ばから50代半ばまでの10年間が『更年期障害』の時期にあたります。

これは、卵巣機能が低下し、女性ホルモンが減少することによって生じます。

症状は様々ですが、のぼせ、発汗、手足の冷え、耳鳴り、頭痛、肩こり、腰痛、疲労倦怠感などがあります。

また、イライラしたり、気分が落ち込んだりする精神症状も現れやすくなります。

これらの症状の原因は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量の減少によって交感神経が優位に傾くことによる血流障害です。

人によって『更年期障害』の症状の出方に違いが出るのは、ストレスによる自律神経の乱れの程度によって決まります。

女性の40代から後半から50代前半は生活上のストレスが数多く重なる時期です。

子供の反抗期や進路、教育費などで悩みます。

さらに、この時期ですと夫の仕事上の責任も重くなり、夫婦関係にもストレスが生じやすい時期でもあります。

お互いの両親の介護が必要にもなってくるでしょう。

ただでさえ、ホルモン量の低下によって交感神経が緊張しがちなのに、ストレスが増して『更年期障害』が悪化するのです。

病院に行くと、『更年期障害』の諸症状に対する薬が処方されますが、これは交感神経を刺激する要因になります。

『更年期障害』の対策は、生き方の見直しとストレスの軽減が必要です。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*