14)血液を汚している3つの原因とは?

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=GjlzWrlaATE

病気の原因はただひとつ『血液の汚れ』です。

血液が汚れる原因は、主に3つあります。

血液を汚す原因【1】
◆食べ過ぎ
十分な運動をしていないのに1日3食を摂ることは食べ過ぎです。食べ過ぎると消化しきれずに血液の汚れとなって全身に悪影響を与えます。
食物からのビタミン・ミネラル不足によって、
【代謝の低下→タンパク質・脂質・糖質の燃焼不足→老廃物の増加→血液の汚れ】を招いています。

血液を汚す原因【2】
◆ストレス
心身にストレスや負担を受けると、自律神経やホルモン系が反応し、体内にさまざまな症状が出ます。アドレナリンが分泌され血圧が上昇します。免疫力も低下します。その結果、血液中には糖、コレステロール、中性脂肪などが増加し、血液自体がドロドロ、ベタベタして血液が汚れます。

血液を汚す原因【3】
◆運動不足
人間の体温の40%は筋肉から生み出されています。運動不足から筋肉から生まれる熱の発生が低下し、体が冷えます。すると、体内や血液内の老廃物や脂肪、コレステロールや糖などが余剰物の燃焼、排泄が十分にできなくなり血液が汚れます。

高血圧は、「血液が汚れている」「血管が細くなっている」というサインです。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*