13)体は冷やさない方がいい!

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=frFgClQx1F8

あなたの平熱は何℃ですか?

現在の人は、高くて36.2℃〜36.3℃で、たいていの人は、35℃台だそうです。

「風邪は万病のモト」と言われますが、風邪は英語で「cold」=「冷え」です。

つまり、「冷えは万病のモト」になります。

体温1℃が低下すると免疫力は30%以上低下し、さまざまな病気にかかりやすくなります。

心筋梗塞や脳梗塞などの「血栓症」は、血液が固まって発症する病気なので体の冷えが関係しています。

水は氷になり、食物を冷凍庫に入れると凍るように、物体は冷えると硬くなります。

血液中の脂肪分や糖分が冷えることで十分に燃焼ができないと高脂血症や糖尿病になりやすくなります。

さらに、がん細胞は35.0℃で一番増殖し、39.3℃以上で死滅すると言われています。

体温1℃が下がると免疫力だけでなく、基礎代謝も12%低下します。

夏でもエアコンで体が冷えたり、ゆっくりと湯船につからなかったりすることが体温を低下させている要因です。

しかし、体を冷やす一番の原因は『食習慣』です。

冷たい飲み物や食べ物を摂る機会が多くありませんか?

水分を摂る際には、水なら冷水よりは白湯、ホットコーヒーや紅茶、ハーブティーなどを摂取することをオススメします。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*