11)腸が健康なら体も健康を維持できる!

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=YMry9kmfVqA

腸内では70%の「免疫細胞」が作られています。

この「免疫細胞」を活性化させているのが、腸内に500種類100兆個以上いるといわれている腸内細胞です。

つまり、免疫力の7割は腸で作られるのです。

腸が丈夫でないと免疫力も強まらないということです。

便は、食べカスだと思われていますが、便の半分は生きた腸内細菌とその死骸で、残りは腸粘膜がターンオーバーして生まれ変わった細胞の死骸です。

腸内細胞が多いほど便の量は多く、便の量が多いほど免疫力が高いと言えます。

赤ワインに含まれるポリフェノール、緑黄色野菜や海藻に多いカロテノイド、キノコ類に含まれるB-グルカンなどが、腸内細胞の好物です。

腸内環境を整えるには、

生きた細菌が豊富に含まれる納豆、みそ、チーズ、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品。

腸内細胞のエサとなるオリゴ糖を含むタマネギ、大豆、ごぼう、アスパラ。

摂取が少ないと便秘や下痢になりすいりんご、昆布、わかめに含まれる水溶性の食物繊維。

これらの生きた細菌、オリゴ糖、水溶性食物繊維をしっかり摂ることが腸内環境を整えるために必要です。

腸内環境が整えば、免疫力も上がり病気になりにくい体を維持できるのです!

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*