11)買ってはいけないシリーズ【2】「店頭販売しているもの」

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=RATmOYtDHEQ

女性なら多いと思いますが、デパートなどの一階に入っている化粧品のお店で購入している方。

デパートに行くと、1階にたくさんの化粧品のお店がはいっていますよね。

オシャレな雰囲気でキレイなお姉さんがいて、カウンセリングとかしてくれてついつい購入してしまうのではないでしょうか。

デパートだけでなく、ドラックストアなどでも化粧品売り場があります。

デパートやドラックストアで化粧品を購入されている方にはもうしにくいのですが、店頭販売されているのもは買わない方がいいです。

それはなぜか?

いくつか理由がありますが、

まずひとつ、店頭で販売されている化粧品って高くないですか?

化粧水1本で8000円とか普通にしますよね。

化粧水だけではだめですから、他の化粧品を揃えたらかなりの金額かかってしまいます。

なぜ高いかその理由は簡単です。

販売価格の中に、そこにいる美容部員さんの「人件費」や「店舗代」が含まれて値段設定されているからです。

新宿の大手デパート1階のワンブースの家賃は月200万するところもあるそうです。

デパートの中でも1階が一番家賃代が高いです。

なぜなら、1階はお客様の出入りが1番多いからです。

他の階に行くにも1階を通りますし、雨宿りや待ち合わせなどでデパートの1階を利用する人がいるためです。

つまり、デパートなど店頭販売されている化粧品の価格に「人件費」や「店舗代」などの膨大なコストが含まれているため原価率は低くなっております。

化粧品の原価率は、販売価格の0.3%~0.5%と言われています。

例えば、1本8000円の化粧水の原価は約24円~40円です。

こんだけ原価が安いと内容成分に危険なものを使っていること可能性があります。

よくよく考えると、「人件費」や「店舗代」などのコストが販売価格に含まれていることがわかりますよね。

ということは、店舗販売されている化粧品を購入すると損をしますし、肌トラブルを引き起こす危険性があるのです。

そのような理由から

買っていはいけないシリーズ【2】

「店頭販売をしているもの」

です。

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*