9)糖尿病の恐怖とは?

Pocket

https://www.youtube.com/watch?v=YPy6nsPpEQ8

現代では、女性でもバリバリに仕事をされている方が増えました。

しっかりと食事は摂れていますか?

時間がないからといって朝ごはんを抜いたり、昼食が摂れなかったりしてませんか?

適度な空腹だと集中力も高まって良いのですが、あまりにもお腹が減りすぎて空腹状態で甘いものを食べると「すい臓」の老化を進めてしまいます。

「すい臓」は、糖質、タンパク質、脂質の3大栄養素すべての消化を行うすい液を出しています。

さらに、全身の細胞のエネルギーとなる血糖値をコントロールしています。

上がった血糖値を下げるのがインスリン、下がった血糖値を上げるのがグルカゴンというホルモンです。

動物性の食品が含むタンパク質や脂質の食べ過ぎは、すい液の大量に消費させ、血糖値を急激に上げる糖質の摂り過ぎはインスリンを消費させます。

これが「すい臓」を老化させます。

日本人などのアジア人は、欧米人に比べてすい臓がインスリンを分泌する能力が低いと言われています。

日本人の1500万〜2000万人が2型糖尿病です。

『糖尿病』で一番怖いことは、自覚症状がないことです。

『糖尿病』は太った人がなりやすいというイメージが強いですが、インスリンの分泌力が弱い日本人は、痩せていても『糖尿病』になります。

『糖尿病』になるとインスリンの働きが悪くなり、血糖値が高い状態が続きます。

すると動脈硬化が進行しあらゆる臓器に影響が出ます。

「糖尿病になると寿命が10年短くなる」と言われています。

空腹時は、血糖値の急激な上昇を防ぐため、お米でなく玄米や雑穀米、ジュールの代わりに野菜ジュースを摂ることをオススメします。

さらに、『糖尿病』になると「腎臓」も老化します。

「腎臓」は、血液をキレイにしている臓器で、その機能が低下すると腎臓の代わりに機械で血液をキレイにする人工透析をする必要があります。

「腎臓」は、一度悪くなり始めると急速に悪くなります。

人工透析をするようになると週3日程度透析をしに通わなくてはなりません。

時間も1回3時間程度かかってしまうので、旅行に行ったりすることも難しくなります。

『糖尿病』にならないように、健康診断で血糖値が正常値範囲内に収まっているかチェックすべきです。

また、食事にも気をつけ、適度な運動もしましょう!

ビューティーKATO

美容法・健康法・ダイエット法をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*